HOME > 電力事業部業務内容 架空送電線路工事/基礎工事


電力事業部業務内容 架空送電線路工事/基礎

台風や地震などで鉄塔が倒れないように強固な基礎をつくる必要があります。
急峻な山岳地に建てられる大型鉄塔の基礎は杭の長さが数十メートルになることがあります。

掘削

画像掘削機と手掘りを併用して掘削を行います。
深礎基礎は杭の長さが数十メートルに及ぶことがあり、そのような場合は坑内に小型掘削機を設置することがあります。

【所有工具】テレスコクラムシェル 16m 2層 3台   電動バッホー 4台

基礎材据付・配筋

画像基礎と鉄塔部材を密接に連結するいかり材を、底面に据え付けてから、鉄筋を配筋します。

コンクリート打設

画像型枠を設置し、コンクリートを打設します。コンクリートミキサー車が鉄塔位置まで行くことができない場合は、索道やモノレール、ヘリコプターを利用してコンクリートを運びます。

【所有工具】ミニポンプ所有

埋め戻し

画像コンクリートが固まったら、掘削した土を埋め戻し、締め固めます。

基礎完成

画像整地して植生などをすると基礎が完成します。


施工事例

電力事業部の各種業務の施工事例はこちらからご覧いただけます。